ABS(アンチロックブレーキシステム)

車の運転を補助してくれるものの中で一番普及しているものといったらABSでしょう。

 

アンチロックブレーキシステム、ABSは今では軽自動車にも標準装備されるくらいメジャーなものとなりましたが、どういったものなのでしょうか。

 

ABSというのはブレーキペダルを踏んでブレーキを作動させたときタイヤがロックしないようにするものです。

 

タイヤがロックするということは制動力を含めたすべてのタイヤの機能を失うことで、たとえばフルブレーキングをしながら、障害物をよけるといった場合に、ブレーキが強すぎてタイヤがロックしてしまうと、止まるということと進む方向を変えるということという二つの機能を失ってしまい、そのまま障害物に衝突してしまうのです。

 

それを防ぐのがABSの役目で、タイヤが付けられているハブの部分やドライブシャフトに回転数を測るセンサーが付けられており、そのセンサーがある程度の回転数より少なくなるとタイヤがロックしたという判断をし、一瞬だけブレーキの力を弱めることによってタイヤをロックすることを防ぐシステムとなっています。

 

要するに教習所で習ったポンピングブレーキをロックした時に自動的に行ってくれるのです。

 

ABSが機能するとブレーキペダルに振動が伝わってくるのですぐにわかります。

 

しかし、このABSこれだけ普及しているのにも関わらず、いまだに完全ではないのです。

 

特にスポーツ走行などを行っている方ならすぐにわかると思いますが、直線からコーナーに入るとき、短時間で一気にスピードを落とさなければならず、ブレーキペダルをロックするかしないがギリギリのところに調整しながらブレーキをかけているつもりなのですが、ロックまでまだ余裕があるのにも関わらずABSが機能してしまい、結果的に最大のストッピングパワーを得ることができないということがよく起こるのです。

 

これはタイヤがロックしたという判断を下すのが非常に難しく、本当にロックするかなり手前の段階からABSを作動させしまっては強い制動力が得ることができなくなってしまいますし、逆にロックしてからABSを作動させても制動力は弱まってしまいますし、車がガックンガックンなってしまうのでこれもよろしくありません。

 

通常の乗用車などでは比較的早い段階でABSが機能するようになっているので、先ほどのようなロック寸前の一番おいしいところを使うことができなくなってしまうのです。

 

最近ではスポーツABSなどというもっとロック検知を細かく判断するようなものが付けられる車が出てきましたが、それはスポーツモデルなどにしか付けられておらず、それ以外の乗用車や軽自動車などでは今まで通りの早い段階からABSが作動するものが付けられています。