前方の障害物を検知する誤発進抑制システム

一時期、テレビのニュースなどで散々取りざたされていた駐車場での飛び込み事故、車を店舗などの駐車スペースに停めようとした時にアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えて止まるのではなく加速して店舗などの突っ込んでしまうというものです。

 

まさにこの事故は、店舗が悪いわけでもなく車が悪いわけでもなくドライバーが100%悪いというもので、走行中に飛び出してきた自転車をはねてしまう事故よりも過失責任が高いものなのです。

 

足元にあるペダルを踏み間違えるという非常に簡単なケアレスミスによって引き起こされたということになるのですが、普段車を運転している人間からすればそんなことありえないことだと思います。

 

車というのは自然とまっすぐ足を延ばせば右足はアクセルペダルの位置に置かれるようになっているので、何も足元を確認しなくても今どのペダルに足が乗っているか足の感覚だけでわかるはずです。

 

通常、道路を運転しているときは常のそうやってアクセルペダルとブレーキペダルを踏み分けているはずなのに、駐車場ではそれができないなんておかしいことです。

 

よく年配者に多いといいますが、これも眉唾物で年配者であっても免許取りたての若者であっても車を運転する以上は同じ立場なのですから、若いからとか年を取っているからという理由は通用しません。

 

一番の原因は、ATが普及したことでゴーカートと同じような操作で運転できるからなのです。

 

とはいっても、こういう事故が多発しているわけであって、「気を付けてくださいよ」といっても同じなわけなのです。

 

そこで自動車メーカーがそういった事故を起こさないような仕組みを考えました。

 

それが誤発進抑制システムといわれるもので、自動車メーカーによって固有名詞は様々ですが、要は安全装備として付けられている前方の障害物を検知する機能を使って、障害物があるのにアクセルペダルを強く踏み込んだときに、電子スロットルを強制的に閉じて、出力が上がらないようにするというものです。

 

中には障害物を検知できないバックでの入庫の時も、こちら急激なアクセル操作を検知すると出力を弱める構造になっているものもあります。

 

しかし、どのメーカーのものも誤検知や検知不能、不要な時に機能してしまうなどのトラブルが多く、完全に防げるわけではありません。

 

最終的にはドライバーのテクニックによるものと考えていいでしょう。