ぶつからない車作り

交通事故を無くすのに一番手っ取り早いのがものにぶつからない車を作ることです。

 

車がものや人間に一切ぶつからなければ、怪我をする人やなくなってしまう方を「ゼロ」にすることができるのです。

 

しかし、街中に歩行者から自転車、オートバイ、自動車といろいろなものが動いており、同じ歩行者でもゆっくり歩いているおばあちゃんから会社に遅刻しそうで走っているサラリーマンでいるのです。

 

動く方向も動くスピードも、動きの特性も全く違うすべてのものを機械で判断するのは非常に困難で、技術が進んだ現在でもそれをきちっと判断して、それに車を対応させるのは至難の業なのです。

 

しかし、各自動車メーカーはそれを実現しようといろいろな手段を用いて「ぶつからない車作り」を行っているのです。

 

その中でも一番性能がよく、この先の応用性にも期待ができるのが、スバルのEyesightです。

 

現在一番進んだ形のEyesightはVer.3と呼ばれるもので、レヴォーグなど新型モデルに採用されているのですが、このシステムの優れているところは人間の目と同じように車の前方の状況を画像として捉えること、人間が脳の中で処理するように2つのステレオ画像から入力される画像データの中から動いているものが歩行者なのか自転車なのか、動いている車なのか、駐車している車なのかを判断し、その動きと距離によって危険と判断すると自動的にブレーキをかけるという仕組みになっているものです。

 

これで安全運転ができることになるわけですが、100%ぶつからないというわけではありません。

 

たとえば街中での低速走行中であれば判断するタイミングが遅くても何とかぶつからずにいられるのですが、高速走行中では、判断が遅れ、ぶつからずに完全停止させることが今の技術ではできていないのです。

 

こういう時はステアリング操作を行い、安全を確認しながら左右どちらかによけることになるのですが、このあたりが改善されれば、「衝突回避ブレーキシステム」や「衝突軽減ブレーキシステム」ではなく本当の「衝突防止ブレーキシステム」といえるのではないでしょうか。

死角を減らす衝突防止支援システム

最近の車は非常にデザインが凝っている割には視界がよく、バックをするときなどでも安心して運転することができるのですが、さすがの走行中は、体をねじってまで後ろや両サイドを見ることはできず、もっぱらドアミラーやルームミラーに頼ることになります。

 

しかし、ドアミラーやルームミラーが付けられている位置関係上、どうしても見えない部分、いわゆる死角というものが生まれ、それによって事故を起こしてしまうことも多くあります。

 

よくあるのが、車線を変更しようとしてウィンカーを出して、ドアミラー、ルームミラーをチェックして自分が行きたい車線に車がいないことを確認した後に、いざ車線変更!といった時に横から車が追い抜いて行って、ヒヤッとするという状況です。

 

ドアミラーもルームミラーもちょっと頭をねじって直視でも確認したはずなのにいきなり車がいるのは、それは見ていないのではなく、見ることができていないのです。

 

ドアミラーは見えても車一台分後ろから、ルームミラーは広角でかなり広い範囲を見ることができるのですが、ボディや乗っている人間によって真後ろしか見えないようになっています。

 

直視でも自分のいる位置から2メートルくらい後ろしか見えないので、自分の車より少し遅れて並走している車は認識できないのです。

 

実は警察のパトカーや白バイのスピード取り締まりもこの死角を使って、うまく隠れることによって行っているのです。

 

そこで自動車メーカーは考えました。

 

ミラーや直視で見えないのであればレーダー波で検知しようと・・・。

 

それが後側方衝突防止支援システムなるものです。

 

日産ではBSI、マツダではRVMと呼ばれるもので車のリヤバンパーの角に埋められたレーダー波発受信器によって車の斜め後ろの状況を判断し、車がいるという判断がされたうえでその方向にステアリングを切った時に警告が出るようになっています。

 

日産のスカイラインにつけられているものでは、更に車線中央に戻す方向にヨーモーメントを発生させたり、パワーステアリングの操舵力を変化させたりなどアクティブに事故を防ぐような仕組みになっています。

 

ただ、このシステムも完全ではなく、オートバイや自転車など面積の小さなものは判断できないので、このシステムに頼り切った運転は逆に危険な運転となってしますのです。

 

中古車 売りたい